人気ブログランキング |
2010年 02月 26日 ( 1 )

2010年 02月 26日
Data Production Fee[データ制作料]
a0149010_17575431.jpg

決定したデザイン案に基づいて、制作オペレーションにかかる費目。

■印刷入稿用データ制作
入力したテキストや画像をデザインに従って、データ制作するオペレーション作業。
カンプ制作から入稿データまでの制作、修正、削除、追加、リサイズ等にも適用されます。
最終的に印刷会社へ入稿するため、製版用データを作成します。

▶画像入力・画像処理
画像入力は、画像をスキャナによって、データ化するための入力作業。
カンプ用の低解像度スキャンから印刷用高解像度スキャンの2種類があります。
一般的に使用サイズ、解像度、データ容量によって、料金が決められています。

画像処理は、使用される画像に修正・加工する作業。
レタッチ、合成、キリヌキ、マスキング、カラー調整など各作業の難易度や作業時間によって
料金が設定される。

▶テキストデータ入力
文字原稿を、加工処理できるようテキストエディタやワードで入力する作業。
フォントやポイントなどは意識せず、文字を入力していきます。
一般的に文字数(1文字単位)で計算される場合が多い。

▶プリントアウト・出力
文字校正用のモノクロ出力と色校正用のカラー出力に分けられる。
また、PDF出力ファイルをメール添付して、クライアントに確認してもらう場合もあります。
カラー出力は、印刷機とはインクが違うので印刷と全く同じ色には出力できないが文字確認、
レイアウト確認、基本的な色確認ができます。出力サイズにより、料金が設定されています。

by na-design | 2010-02-26 18:09 | 仕事