2010年 07月 30日
色の重さ(バランス)
a0149010_14153018.jpg

色には組み合わせにより「軽い色」「重い色」があります。
明度・彩度ともに高い色は軽い印象、逆に明度・彩度ともに低い色は重い印象になります。

a0149010_14163595.jpg

デザインする上で,紙面の下方に重い色を置くと低重心になり、
落ち着いたイメージを創れます。
安定感があるため、単調になりやすく、動きが出しにくい場合があります。
そんな時は要素に変化をつけたり,重い色の面積を少なくしたりします。

紙面の上の方に重い色を置いた場合、
重心が上がり、緊張感が生まれ,引き締まった印象になります。
バランスが取りやすく、レイアウトを逆三角形に持っていくと強い緊張感を与えられます。

a0149010_14165946.jpg

白と組み合わせる時はどんな色も白よりは重くなりますが、
軽い色との組み合わせでは重心は感じられない場合があります。
[PR]

by na-design | 2010-07-30 14:18 | デザイン


<< ホワイトスペース      色数 >>