2010年 07月 27日
カラーシステム
a0149010_11374540.jpg

デザイン制作の配色のヒントに色相環を利用する場合があります。

12色、または24色の色相環の隣同士の色を組み合わせると
同系色の落ち着いた配色になります。

対角線上の色同士は補色になり、コントラストが強く、
見た目に強い印象を与えますがチカチカして見えてしまう場合もあるので注意が必要です。

トライアド配色は色相環上を3分割する位置の3つの色相を用いた配色のことをいいます。
色相環上を正三角形にとるので、安定感のある配色になります。

a0149010_11381594.jpg

Illustratorには色相環の機能を利用した「ライブカラー」があります。
デザイン案のカラーサンプルやバリエーションを作成するのに便利な機能です。
[PR]

by na-design | 2010-07-27 11:39 | デザイン


<< 色の効果      カラーリング >>