2010年 07月 15日
仕事としてのデザイン
a0149010_14561537.jpg

デザイン制作を仕事にしている場合、依頼者であるクライアントがいます。
クライアントは依頼するデザインに対して何を求めているのか。

まずは打ち合わせから始めますが、その時には
内容、サイズ、色、スケジュールなど決まっていることから埋められていきますが
その中でクライアント要望も出てきます。
例えば、
・夏のイメージにしたい。
・他社と差別化したい。
・低予算で作りたい。
・明るく、楽しく、かっこよく。
・多くの人にアピールしたい。・・・などいろいろ出てくると思います。

しかし、その要望の中には言葉にされない言葉もあります。
・社内で評価されるようなものを作って欲しい。
・予算はないから安く作って欲しい。
・安っぽくしたくない。高級感を出して。
・多くの受注を取りたい。・・・など言いにくいことが含まれています。
この、言葉にしにくい要望を聞き、整理することで
具体的な内容、目標を立てることができます。

整理した内容をクライアントに確認し、
スムーズに進行することが可能になってくると思います。
[PR]

by na-design | 2010-07-15 14:57 | デザイン


<< ファイルサーバを利用する      デザインのヒント >>