人気ブログランキング |
2010年 04月 21日
印刷方法2[グラビア印刷]
a0149010_11473682.jpg

印刷物は身の回りに溢れています。
紙、布、金属、ガラスなどいろいろな素材に印刷されています。
いくつかある印刷方法について、
代表的な4つ「凸版」「グラビア」「オフセット」「スクリーン」を紹介していきます。
今日はグラビア印刷。

グラビア印刷は凸版印刷の逆で凹版印刷のひとつ。
凹版のへこんだ部分にインクを乗せ、圧力により印刷素材へ転写します。
凹部の深さで階調を表現するため、深いほどインク量は多くなります。

〈用途〉
・写真集 ・美術書 ・雑誌などのグラビアページ ・食品や日用品の包装など

〈特徴〉
・印刷濃度の幅が広く、写真の再現性に優れている。
・版はフィルム保存が可能、耐久性も高い。
・文字の輪郭はシャープさに欠け、細い線などはつぶれやすい。
・用途は多様で印刷される素材も紙からポリエステル、ナイロン、ビニール、
 プラスチック、セロファン、合成皮革などへ印刷可能。
・速乾性のインク、輪転印刷機を使用するため、高速印刷、大量部数の印刷に向いている。

グラビア印刷は、凹版印刷でエッチングと同じ原理です。
版全体をインクに浸し、表面に付着しているインクを掻きとり、
凹部に残ったインクを印刷素材に転写します。

凸版との違いは、濃淡を網点ではなく、凹部の深さで表現すること。
濃度の幅が広く、写真の階調、グラデーションなど自然な調子を表現できます。
このグラビア印刷は色校正がとれない欠点があり、
現在では網点グラビアという網点の大きさ、セルの深さの両方を変えて
階調を表現する方法に代わっています。
網点グラビアはオフセット印刷で色校正をとれるメリットがあります。
品質が高いグラビア印刷ですが、製版料もコストがかかります。
しかし印刷のスピードの速さ、大量部数の印刷には向いていると言えます。

by na-design | 2010-04-21 11:50 | 仕事


<< 印刷方法3[オフセット印刷]      印刷方法1[凸版印刷] >>