人気ブログランキング |
2010年 03月 23日
組文字のデザイン
a0149010_14373157.jpg

文章には伝えるために個性があります。
楽しい文章、硬い文章、柔らかい文章、親しみのある文章など。
文章に合わせて書体や字間、行間を決めレイアウトします。

a0149010_14381421.jpg

写植の時代、印刷物の文字には書体、Q数、行間、送り、歯数、詰めの指定をし、
文字数に対して何文字で何行とスペースを決めて、レイアウトしていました。
熟語など漢字が隣り合わせになるとその部分が濃く見え、
ひらがなやカタカナの文字は画数が少ないため空間が目立ち薄く見えたりします。
そのため、字間を空けたり、行間に余裕を持たせたり、デザイナーは考えています。

読む人に伝えるため、紙面のデザインや印象に合わせた文字の見せ方も重要です。

by na-design | 2010-03-23 14:40 | DTP


<< デザイン制作Q&A      デザイナーとしての姿勢 >>