2010年 11月 10日
Illustrator【不透明マスク】
Illustratorの機能で「不透明マスク」があります。
グラデーションやパターンを使ってオブジェクトをマスクする機能。
Photoshopのチャンネルのような機能です。

a0149010_1532191.jpg

この不透明マスクは、マスクするオブジェクトの濃淡や階調によりマスクできるので、
クリッピングマスクのようにカチッとしたパスではなく、
前面にあるオブジェクトの階調によりマスクされるため、
ボカシたマスクが可能になります。

a0149010_15251935.jpg

a0149010_152540100.jpg

描画されたオブジェクトの前面にグラデーションを適用したオブジェクトを配置し、
a0149010_1526538.jpg

背景のオブジェクトと前面に配置したオブジェクトを選択し、
a0149010_15271875.jpg

透明パネルのメニューから「不透明マスクを作成」を選択すると
配置したグラデーションでマスクができます。
a0149010_153327100.jpg

ボカシた部分は透明になり、背景を活かすことができます。
a0149010_15273324.jpg

この時、透明パネルの「クリップ」ボタンにチェックを入れると
マスクに使用したオブジェクトでクリッピングされます。

背景に使用するオブジェクトは配置された画像ファイルでも適用できます。
[PR]

by na-design | 2010-11-10 15:34 | DTP


<< Apple TV      Illustrator【複合パス】 >>