2010年 11月 09日
Illustrator【複合パス】
a0149010_17354889.jpg

Illustratorを使用しているとドーナツのようにパスの中を透明にしたい場合があります。
そのような時には透明にしたいオブジェクトに複合パスを指定します。
a0149010_17353370.jpg

指定は簡単でオブジェクトを選択し、オブジェクト>複合パス>作成(⌘+8)で作成できます。

シンプルなオブジェクトの場合は起こりづらいですが、
複数のオブジェクトを複合パスにすると透明にならない箇所ができる場合があります。
a0149010_1736187.jpg
a0149010_17363224.jpg

この場合、属性パネルの「ワインディング規制を使用」をクリックすることで解決します。
a0149010_17364432.jpg
a0149010_1740817.jpg

また、反転していないオブジェクトのみを選択し、
同じ属性パネルの「パスの方向性を反転」ボタンをクリックすることにより
同じ効果が得られます。

a0149010_17375342.jpg

初期のIllustratorは複合パスというコマンドがなかったため、
オブジェクトを一筆書きのように作成していました。
外側と内側のパスの一部を切断し、外と内とをつないで一つのオブジェクトにし、
中が抜けているように見せていました。
[PR]

by na-design | 2010-11-09 17:43 | DTP


<< Illustrator【不透明...      Office for Mac ... >>