2010年 05月 25日
文字組みのデザイン
a0149010_14551360.jpg

デザイン要素には文字、写真、イラスト、パターン、配色などがあり、
これらの構成により、デザインされます。

デザインする上で重要なのが「文字」です。
「見(魅)せる文字」、「読ませる文字」、「飾りの文字」など
人の視覚と聴覚に訴える文字デザインには役割があります。

「見(魅)せる文字」
アイキャッチやホットスポットなど、見る人の目を惹く文字デザイン。
タイトルやロゴなど一番注目される文字です。

「読ませる文字」
解説や説明、読む人に伝えたい文字デザイン。
文字の大きさ、字数、字間、行間に気をつけて、読みやすいフォントを選びます。

「装飾の文字」
必ずしも必要ではないが、装飾的に使われる文字デザイン。
イメージとして効果的に表現するため、背景などへデザイン的に配置する文字。

タイプフェイスには、それぞれ表情があり、和文、欧文とも文字の持つ役割や印象があります。
伝える情報や内容、コンセプトによってデザインも違ってきます。
文字の表情、個性を使い分けてデザインしていきたいと思います。
[PR]

by na-design | 2010-05-25 14:57 | デザイン


<< 読みやすい文字組み      電子パンフレット[テスト中] >>