2010年 03月 31日
人の目の動きに合わせたレイアウト
a0149010_14461389.jpg

人間の目には特徴があります。
人の目の動きを考えれば、自然と見やすいレイアウトができたりします。

目は誰でも左右にありますので自然と視界は横に広く見えています。
そのため、横書きの方が目を大きく動かすことなく読むことができます。
その昔、活字や看板など横書きは右から左に読んでいましたが、現代は左から右に読まれます。

このような目の動きを考えて、デザインされているものは数多く存在します。
横書きのものを見る場合、最初にまず左上に視線が集中し、
その後右下へ視線は運ばれます。縦書きの場合は、右上から左下へ。

この目の動きを考えて、デザインの流れ(導線)を作り、レイアウトすれば
見やすく、読みやすいレイアウトにできることになります。

デザイン・レイアウトを考える時は、
まずこの基本的な目の動きを考えてみることをオススメします。
あとは応用力です。
[PR]

by na-design | 2010-03-31 14:48 | デザイン


<< 用紙サイズにC判登場      気になる車内吊り広告 >>