2010年 02月 22日
Color[カラー]
a0149010_1415875.jpg

色には明度・彩度・色相の3つの要素があります。
明度は明るさ。(最も明度の高い白から最も低い黒までのグレースケール)
彩度は鮮やかさ。(最も彩度の高い色を純色、低い色を無彩色という)
色相は、色味。(赤、黄、青など。上図は色相環)

上図の彩度の低い色を見ると3色ともグレーに見えます。
これは彩度が低いため鮮やかさがなくなり、グレーに近づくためです。
また、色の明度はそのままなので、黄色は非常に明度が高い色なので
彩度が低くなっても明るいグレーに見えます。

色の使い方にはいろいろありますが、色相の近い色(類似色)を使って落ち着いたイメージにしたり、
色相の遠い色を使って、強調させたり工夫しています。
色相環の180度反対の色(補色)同士を隣に合わせるとハレーションを起こし、
見た目にチカチカして見えることがあります。

効果的な色使いがデザインを美しく見せてくれます。
[PR]

by na-design | 2010-02-22 14:10 | DTP


<< 印刷媒体の費目構成      コスト削減のために >>